仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記5   

2006年 01月 31日

6日目

扁桃腺炎の症状は全くない。
仙人草の炎症も昨晩と変わりなし。
「約10日で皮がめくれて完了」というが、水泡が小さくならず、水泡を覆う皮膚もしっかりしているからよっぽどでないと破れる様子もない。10日で終わる雰囲気がないような気がしてくるなぁρ(-ω- )  2日連続で、仙人草を貼り付けたせいなのか。こんなに患部が大きいのに。あいたた。
抗生剤は、少なくとも明朝の通院までは服用中。うがい・手洗い・マスクの3段防備は相変わらず継続中。

が、昨日からの偏頭痛をまともにかぶり本日会社を病欠。視界が薄明かりでもチカチカしてつらく、無理にまぶたを開けると激痛と吐き気が(^_^;)腕や肩、首がパンパンになって凝ってマス。
午後には痛み止めも効いて痛みが治まったが、偏頭痛の低血圧でクラクラする。

1月の給料で一瞬気が遠くなった。

そりゃあアナタ、この1ヶ月で1週間分も出勤してませんからネェ。
そろそろ生命保険の入院補償が降りるからひと息つけるが、しかしきようび、入院補償12000円では軽くマイナスになるのだなぁ。昔甲状腺腫の摘出手術の時、社保・本人負担1割で1ヶ月入院+手術で15万届かなかった記憶があるが、本人負担3割って大きすぎる。
まぁ、今回手術はないが、抗生剤点滴代が高かったようなので、×日数分が以前の入院よりも高ついている違いはあるのだが。常日頃、生保の支払いが少々もったいない気がしていたが、女性でも終身医療保障はこのご時世、大きいかもしれんのぅ。
[PR]

by cafe_europa | 2006-01-31 14:06 | 仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記

<< 仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記6 仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記4 >>