仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記16   

2006年 03月 09日

38日目・・・(であってるんだろうか。算数ができない・・・)
a0002942_031582.jpg

治療痕はかなり薄くなった。
ピンク色がなにやら初々しい。

扁桃腺炎になることはないが、相変わらず喉に痛みがある。
ここ数日暖かいせいで、マスク防備して仕事でしゃべっていると熱がこもってのぼせて参る。マスクをとってみると・・・そこは花粉の世界であった。今年は花粉が少ないというが、なんだか昨年並みに多く感じる。
免疫が下がってるんだろうか、やはり。

花粉症はさておき、喉の平穏無事が続いてくれるのを祈る。
[PR]

# by cafe_europa | 2006-03-09 00:36 | 仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記

仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記15   

2006年 03月 02日

31日目

仙人草治療痕はかなり色が薄くなった。
喉の痛みも少しひどくなったり治まったりを2日周期で繰り返しているが、炎症までひどくなる様子はない。

昨日は医科大の診察。
この2週間漢方薬と喉の炎症止めが処方されていたが、昨日から漢方薬のみになった。

が、不思議なのは支払った医療費。
前回漢方薬と喉の炎症止めが2週間分処方されて2780円。
今回、漢方薬のみ2週間分処方されて3210円。

何故薬が減ってるのに、費用が上がるのか。

説明では喉の炎症止めの処方時には、なんらかの割引(?)があったらしい。
医療点数も、薬が前回233点、今回367点になっているだけではなく、診察料まで前回72点、今回82点と上がっているのは意味が分からん。
医療保険の知識が全くないだけに、窓口の人に「そういう風に決まっているものですから」と押し切られたが、全く納得できないなぁ~。
「そういう風に決まっている」内容の説明が理解できないので、押し切られても無意味である。こちらに医療事務の知識が全くないとはいえ、あんなぞんざいな説明では喧嘩買いますと誘惑されてるようではないか。

せっかくなのでここは噛み付いてみようかとちらと思ったが、気配を察知されたか、次の人の対応に移られてしまい、時間が気になってめんどくさくなってしまった。
勝手に次の人の対応に移る態度もいかがなものかと思うが、相手の思う壺になった結果の私も私である。
ああ、腹の立つ。

支払う医療費の明細や、医療方針・医療内容の説明は彼らの義務であるのは周知の事実だが、義務を怠る病院が多いのも事実。
日々顧客のクレーム・苦情の対応を仕事にしている身としては、うちの商品はPC周辺機器なので最悪製品交換や返金で解決するが、医療現場では説明を求められているのは「他人様の体」である。解決の代償が自分の体や財布ではお話にならない。

次の人の対応も聞いていると、やはりぞんざいな説明のみで対応をクローズさせている。患者の奥様らしき高齢の女性も、窓口の態度にうろたえながら素直に言いなりになってしまい、彼女の要望が満たされた様子はない。
そうか、この窓口の中年女性はこの調子で日々、自らの仕事の手抜きをしているんだな。
ある意味、確かに仕事は早いが、これがうちなら 蹴り倒してやるところである
仕事があるのでそのまま病院を出てしまったが、2週間後の来院時に窓口の当人をつかまえてしっかり義務を遂行させて差し上げよう。

・・・それよりも、病院今度こそ変えようかな。
[PR]

# by cafe_europa | 2006-03-02 10:04 | 仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記

仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記14   

2006年 02月 19日

25日目
2回目脱皮完了。
痒みも完全になくなり、新生の皮膚は前回に比べてかなり柔らかくなりました。
a0002942_1912071.jpg

余ってた抗生剤を勝手に飲んでから1週間経過。
喉のいやぁな違和感と時折リンパ腺の痛み、時々舌足らずになることがあるが、再発なし。12月末から2ヶ月近く、抗生剤が終わってから2~3日で再発していたこととリンパ腺の痛みをあわせて思うと、今再発する手前で体が戦っているのだろうか。このまま無理しないでいけば、今回の感染分は完治しそうな気配。

なんとなく仙人草とエキナセア(根)のサプリメントが効いてる気がするなあ。
(他の健食は即効性がないので)まあ、今回感染してるのが風邪ウィルスだし、エキナセアいいかもしれない。2週間連続服用後、休ませるのが効果のコツとのこと。
日常レベルでの食生活と休養に気をつけつつ。

とりあえず今週は、水曜日に診察とCT検査が待っている。
[PR]

# by cafe_europa | 2006-02-19 19:10 | 仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記

仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記13   

2006年 02月 16日

22日目
a0002942_2281353.jpg

脱皮の脱皮。
さながらラッキョウの皮の如く。
多分新しくあらわれたこの皮も、近々また剥けそうな気配。何回皮が剥けるのだろうか、ちょっと興味津々。
[PR]

# by cafe_europa | 2006-02-16 22:12 | 仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記

仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記12   

2006年 02月 14日

20日目

脱皮後、下から現れた新生の皮膚が更に脱皮の準備をしている気配。
普通に痒い・・・かさぶたがとれかける直前のあの痒さ。
もう腕をひねっても、ずきずきした痛みはなくなりました。

週末再発した扁桃腺炎は、何故か余っていた抗生剤3回分を金曜~土曜にかけて飲んでから、現在治まっている様子。すでにまた喉に違和感があるが、再発のスピードが遅くなっているような気がする。まだまだ体が疲れやすく、眠ってばかりいる。(三年寝太郎・・・)

風邪に効くハーブとして話題のエキナセアの根のサプリメントを、エキナセア茶と一緒に服用。なんだかんだでサプリメントの数が増えていっているような気がするが、このどれかが即効性で効いているのなら、もはやどれが効果があるのか分からない(笑

これでしばらく様子を見て大きな改善がみられないようであれば、生活も体力も限界であることだし、手術を検討ですな。
a0002942_23234913.jpg
a0002942_23235822.jpg



治療記をみた知人から、本は読んでいるのかとのチェックが入った・・・
現在読んでいるのは司馬遼太郎の【街道を行く】のすでに8巻と、宮城谷昌光の【楽毅・全4巻】。読書はサクサク進んでいるんだけどなあ・・・^^;
[PR]

# by cafe_europa | 2006-02-14 23:26 | 仙人草と慢性扁桃腺炎の治療記