【黄金の羅針盤】フィリップ・ブルマン   

2004年 03月 08日

a0002942_03928.jpg両親を失っている主人公ライラはオックスフォード大学寮で暮らしている。あるとき学寮長の部屋に忍び込み、彼女の伯父のアスリエル卿毒殺計画を学寮長と執事が話しているのを聞いてしまって以来、彼女はある事件に彼女の生い立ちとともに運命にひきこまれていく・・・
ライラの冒険3部作の第1巻。

主人公のいる世界は我々のいる現実世界とよく似たもう一つの世界で、こちらとは少しずつ何かが違った兄弟のような世界。その世界を繋ぐのがキリスト教の世界観である。この手の作品は所々お説教臭いところが気になるが、パワーがある。物語の重量感は見事。なんかいろいろ受賞している作品だけあり、結構な読みごたえで面白かった。

総合評価★★★★★(★5が最高)

■関連記事
【神秘の短剣】
【琥珀の望遠鏡】

■書籍情報
黄金の羅針盤
[PR]

by cafe_europa | 2004-03-08 00:39 | Fantsy

<< 【神秘の短剣】フィリップ・ブルマン 【アルテミス・ファウル/妖精の... >>