【レイチェルと滅びの呪文】クリフ・マクニッシュ   

2004年 02月 09日

a0002942_16242.jpg遠い昔、追放された邪悪な魔女が支配する星、イスレア。ここでは原生の生物は絶え、魔女の作り出した生き物とさらわれた子供達しか存在せず、降る雪の色さえも魔女の与えた灰色を纏っている。主人公レイチェルと弟は家の地下室の壁から現れた巨大な黒い手によって、イスレアへ吸い込まれる。イスレアでは魔女ドラヴェナが、自らの後継者を待っていた。後継者の手を借りて魔女の為の檻、イスレアを脱出し、地球に帰還して復讐を果たす為に。そしてイスレアには伝説の詩があった。奇跡の子が地球よりやってきて、さらわれた人々を解放するという・・・
レイチェル3部作・第1部


法の設定というか、表現の仕方に個性がある。1部では魔法は洗脳に焦点が置かれており、ハリ・ポタやその他の魔法とは一線を画している。しかもその魔法はイスレアにあって始めて顕現されるように物語に制限がかかっている。
著者が愛娘の「悪い魔法使いが出てくるお話」というリクエストで語るうちに出来た話というが、本の帯のコピーにもあるように、児童書としてはかなりグロテスクな表現もあり、大人が読むには物足りないが、子供も楽しめるかはちょっと微妙。ちょっと趣向を変えた児童書を読みたい人には、いいかもしれない。

総合評価★★☆☆☆(★5個が最高)

■書籍情報
レイチェルと滅びの呪文
[PR]

by cafe_europa | 2004-02-09 09:27 | Children's books

<< 【ドラゴンランス伝説・全6巻】... 【バーティミアス/サマルカンド... >>